私は、過去にアイドラックやオオサカ堂で「フィンカー」を購入したことがありますが、明らかに、味か違いました。後者のほうが苦かったので、あれっと思った記憶があります。実際は、どうなのかはわかりませんが、個人輸入の場合、このあたりを問い合わせなどで追求できないので、疑惑に満ちたまま使用していた記憶があります。以来、個人輸入はアイドラックしか利用していません。また、アイドラックの場合は、日本法人なので、日本に営業所があり、電話も繋がります。日本の法律にかなり準拠した運営をしていますので、明らかに信用度は高いです。オオサカ堂に不信感を抱いてからは、こちらを利用することにしています。

オオサカ堂ってどう? クレジットが使えない・URLが変更された理由

オオサカ堂でクレジットカードが使えない理由とURLを変えた理由は、世界的にオンライン薬局を対象とした検証および監視機関「レジットスクリプト」により、販売ネットワーク自体を差し押さえられたからです。インターネットプロバイダやドメイン名登録業者、日本政府、金融機関とも協力していますので、可能な範囲での処置であったと考えられます。オオサカ堂は大阪に営業所があるのではなく、香港に「ロイユニオン(Roy Union Limited)」と呼ばれる会社があり、その傘下にいくつかの販売サイトを運営いています。

オオサカ堂の商品は本物?

オオサカ堂信者には痛い話かもしれませんが、レジットスクリプトによるとロイユニオンで扱う薬は、認定された製造業者によって製造されておらず、品質管理もなされていない、という事実があります。このあたりは、webサイト上の情報の場合、なんとでも言えますので、ウソをついても分かりません。客は判断できません。よい評価をしているサイトもありますが、これはアフィリエイトリンクを貼っていますので、なにを根拠に信頼性を語っているのかも不明で、サイト運営者の主観的判断です。従って、現在、このようにレジットスクリプトによって停止に追い込まれているということがなによりも商品が本物かどうかの信憑性が高いのではないでしょうか。つまり、危険であるということです。品質管理がされてない以上、前回は大丈夫であっても、今回は、カラダに異常がでてもおかしくありません。

オオサカ堂の個人輸入は合法・違法なのか?

個人輸入は一部可能ですが、範囲はとても狭く、また一度に購入できる量も限られています。オオサカ堂の場合は、このあたりも無視しているようで、取り扱い禁止の薬や一度に個人輸入できる量も無視しています。

薬で死亡した事例もあります

甘く見てはいけないのが、薬による副作用または、偽薬によるカラダへの悪影響です。2006~07年、パナマで100人以上の死者を出した咳止めシロップには、中国から輸入された不凍液などに用いられるジエチレングリコールが原因であったという事例もあります。仮に薬が本物であったとしても、品質に問題がある薬も数多く発見されているようで、本物の成分に効果を高めるために、成分を増したり、ほかの成分を代用したり効果が検証されていないような成分を含むことがあるようです。また、品質も安定しておらず、過去に問題のない製造元であっても、次回に薬を購入する際は、成分が異なっていたりするようです。ただ、このような事態になったとしても、個人輸入の場合は、自己責任です。また、日本の薬を使っていないので、何が影響で、その症状かでているのか? など、特定が困難なこともあり、非常に危険です。

医薬品アフィリエイターについて

医薬品アフィリエイトは、仮に成果がでても親元の運営自体が停止すれば、報酬は支払われなくなります。特に、個人輸入で、合法に販売しているサイトは、1パーセント未満だといわれております。従って、問題のある業者だらけです。年々厳格化しているので、いつ停止してもおかしくないと思いますので、あらかじめ合法な業者なのか確認しておきましょう。