スーパーヒアルロン酸 「超極湿」生産終了

数年前より、楽天市場の商品で、スーパーヒアルロン酸が含まれている「 超極湿」というを利用していました。 この商品は、低価格帯ながらも、大容量で500mlボトルで長持ちし、しかも、濃度が濃くドロドロしているのが特徴で、保温効果抜群で、今まで使った中で、ずば抜けてレベルの高い商品でした。

ただ、最近になり、楽天市場で検索してみても、わずかしかヒットしないのです。過去に、商品価格は、1400円ほどでお値打ちに購入できたのですが、今回、ヒットしたわずかなお店では、2500円ほどで販売しております。こちらも、在庫がなくなり次第だと思うので、そのうちなくなることでしょう。

というのも、今回、この商品の再入荷予定を、あるお店に問い合わせたところ、「商品は販売終了になりました」とのことで、かなりショックでした。

「超極湿」の代替は、「極潤」で

次は代替として何を使おうか思案していました。同価格帯程度、又は、以下で良いと思える商品が一つだけありました。

おそらく、品質が一番近いであろう商品「極潤」です。この商品は、Amazonで、1300円程度で、400mlです。また、「超極湿」と同様にスーパーヒアルロン酸配合です。スーパーヒアルロン酸にこだわる理由は、肌への浸透力です。通常のヒアルロン酸よりもスーパーヒアルロン酸の方が、浸透力が高いようで、肌への効果が違います。

 

肌ラボ 極潤 ヒアルロン酸 化粧水 ヒアルロン酸3種配合 大容量ポンプタイプ 400ml

他にも、500円以下の大容量のヒアルロン酸も試しましたが、濃度が薄すぎて、いまいちで、買って後悔しました。「極潤」は「 超極湿」よりも、ドロドロしていません。あえていうなら、超極湿の70%ほどのドロドロ度でしょうか。ただ、この価格対で、同じようなものは他に見当たらないので、こちらをしばらく使って見ます。

成分の比較メモ

成分をメモして比較してみます。アセチルヒアルロン酸Naというのがスーパーヒアルロン酸のことのようで、こちらがメインの成分でしょう。以下のような成分になっています。

共通する成分は、水、グリセリン、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na、メチルパラベンの5種類です。

『超極湿』
水、BG、グリセリン、アセチルヒアルロン酸Na、パルミトイルペンタペプチド−3、ヒアルロン酸Na、コハク酸、コハク酸2Na、PEG−80水添ヒマシ油、ヒドロキシエチルセルロース、メチルパラベン

『極潤 ヒアルロン液』
水、グリセリン、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、DPG、スクワラン、オレフィンオリゴマー、PPG-10メチルグルコース、加水分解ヒアルロン酸(ナノ化ヒアルロン酸)、アセチルヒアルロン酸Na(スーパーヒアルロン酸)、ヒアルロン酸Na、イソステアリン酸PEG-20ソルビタン、ステアリン酸グリセリル、ジメチコン、ステアリルアルコール、カルボマー、ベヘニルアルコール、ラウロイルグルタミン酸ジ(フィトステリル/オクチルドデシル)、TEA、EDTA-2Na、メチルパラベン、プロピルパラベン

約1ヶ月間 極潤を利用した乾燥

『極潤 ヒアルロン液』を使って、既に1ヶ月が経過しましたが、肌の調子もそんなに悪くはありません。ただ、とても良いという気もしませんが、ちょうど、感覚的な現状を維持しているので、決して悪くない製品です。

過去には、『超極湿』が切れた際に、ロゼット スキンコンディショナーに変えたことがありましたが、こちらは、さらさらしすぎて、もの足りないのと、やはり、『超極湿』にくらべたら、長時間保湿されませんでしたので、それに比べて、極潤は保湿力はありますし、ベタベタしすぎない点が良いと言えます。

どう表現すればよいのか分かりませんが、超極湿のようにドロドロではないのですが、感覚的には、それに近い保湿力があります。