白髪から黒髪になった


白髪が少なからず、ぽつぽつでてきたのですが、切ってみると、根元から2センチほどは、黒い髪なのです。つまり、一旦白髪になったようですが、黒髪に戻ったようです。白髪って、一度なってしまったら、元に戻らないと思っていましたが、実は、そんなこともないかもしれないと思うようになりました。調べてみると、白髪がはえてくるメカニズムは解明されていません。ただ単に、老化現象で片付けられています。たた、おおくのひとは、年齢を増すごとに白髪が発生するのだと思いますが、小学生や中学生の若い子でも、白髪が目立つ子がいます。つまり、老化現象だけでは説明がつかないこともあるのです。

白髪になる要因

白髪になる要因は美容師さんに尋ねたら、老化・病気、疲れ、薬服用が考えられるようで、かなり興味深い回答でした。特に、病気になって薬をのみだすと、その薬の影響で、白髪が発生するようで、薬をやめると再び黒にもどるとのこと。しかし、個人的には、病気になるから、精神が病んでしまい。髪の色素のスイッチがOFFになるのではないかと考えています。つまり、ほとんどが精神的要因ではないかと推測しています。案外、昔から言われている苦労すれば白髪は増えるは正解かもしれません。

髪色のスイッチを戻す

私の場合は、ストレスが過度にかかる期間は確かにありました。つまり、それが影響して、その期間だけ白髪のスイッチがONになったのかもしれません。その後は、回復したので、徐々に黒に戻ったと推測しています。生活環境・食事・睡眠などは、ずっとおなじサイクルだったのでこれらが原因ではないと思います。つまり、大半は精神的要因の影響が強いものだと思います。

気功・ヨガ イメージ力で黒髪に

過去に、気功とヨガの本を読んだ時に、興味深い内容がかかれていたのを覚えています。要は、身体の健康は、イメージによっても作られているということです。従って、よい自分をイメージすることを念じることで髪の色はコントロールできるようなことが書いてありました。正直、トンデモ本の部類ではないかと思いましたが、こういうことは一概に否定できないものだと思いました。