Freenomについて

無料ドメインにドメインを取得できるFreenomですが、いくつか取得して、テスト用サイトに50個ほど利用しています。

ただ、最近不思議なことがあって、大体1年更新で、通知はなく、2週間前に手動で更新をするのですが、まだ更新ではないのだけど、一部のドメインが消失していました。原因を考えたときに、サイトの設定をみてみると、ルートへのアクセスにBasic認証をつけていたので、これが原因かもしれません。おそらく、ルートより下の階層なら大丈夫だとは思いますので、プロトタイプなどをテスト用に制作して、Basic認証をつける場合は、ドキュメントルートの下の階層に配置したほうがよいと思います。他に要因として考えられるのは、ドメインを維持するには、90日25アクセス必要なようです。どこを基準に計測しているのかはわかりませんが、おそらく基準は、毎日シフトして換算しているのかもれしません。

ただ、削除されたものは、普通にアクセスしていたので、テスト用で、どう考えても、頻繁にアクセスしていたことから、25回以上はあるはずです。それより、ほんとうに使ってないようなドメインの方が生き残っているのが不思議です。

他には、話は変わりますが、新たにドメインを取得したい場合にでも、実際にサーバーで使っていないドメインが多い場合は、新規に取得することは拒否されます。なので、新規に取得したい場合は、取得済みのものをサーバーに設定しておきましょう。

[追記 2018.10.25]
最近では、普通に、2週間前になると、更新の案内メールが来ます。なんと、親切になったのでしょうか。

その後・・・

Freenomで、今年の2月に取得した無料ドメインが、また、一部、削除されてしまっていた。原因は分からない。特に、削除のされたドメインは、ドキュメントルートの下の階層の一部だけ、Basic認証をかけており、そこにTwitterで自動フォローバックするファイルを置いた。また自動ツールということなので、cronでアクセスを時間おきに定期的に行った。

でも、これが原因とは考えにのですが。

アクセスに関しては、cronを使っていることからも、90日にもちろん、25回のアクセスはある。

過去にも、特に、ドメイン自体にBasic認証をかけた時には、3日後くらいにアクセスできなくなって、確認してみたら、ドメインが消失していたことがあった。・・・ん 無料ということもあり、変なプログラムファイルを置くのを禁止するために、Basic認証を禁止しているのだろうか? ただ、確実にBasic認証が影響していることは間違いなさそうだ。

とりあえず、自分で保有しているドメインに移動したけど、結局はこうなるなら、無料ドメインは使わないほうがいいかも。特に、無料ドメインで、TwitterのURLを続けて、投稿すると、速攻、一定時間投稿ができなくなる。 おそらくこれは、スパム対策だろうと思うけど、それだけ無料ドメインは警戒されているということかもしれない。

 

さらにその後・・・

追記 2019.1.20

もうすぐ、こちらでドメインを取得して、1年になりますが、やはり、原因不明で、削除されているものがいくつかります。上記では、Basic認証の有無がひょっとしたら原因かと思っていましたが、どうやらそうではなさそうです。普通に、ルートにファイルを置いて、運用していたサイトでも、なぜか削除されています。削除されたものは、URLを短縮する機能をもつサイトです。~ ますます分からなくなってきた。

もしかして、ひょっとしたら、4文字ドメインってことが影響があったりするのかも。取得したドメインは、全て4文字ドメインです。

個人的には、メール用のアドレスのドメインとしても、使っているので、削除されたら、いろいろ影響あるので、今のうちに変更しておいた方がよいかもしれないです。かなり面倒くい際です。

やはり、タダはタダです。ドメイン自体は、公開前のWEBサイトの確認をするテスト用として運用していましたが、昨年、登録して以来、4~5つは削除されています。やはり有料ドメインを使うことが無難なようです。どちらにしても、削除する前に、警告のようなメールが来ても良いものの、そのような丁寧さは、日本のサービスを体験している日本人だけの感覚なのかもしれません。