50倍速英語脳プログラム編

久しぶりに「50倍速英語脳プログラム」というものを耳にしたので、評価を書くことにした。実は、私も、一時、英語を上達させる為に教材にはまっていたときがありました。この教材に関しては、過去に購入したことがあるのですが、正直、定価で買うようなものではなかったなと思った記憶があります。教材にしては、ボリュームがなく、これだけ? といった感じでした。教材は、小冊子とCDとマイク付ヘッドホンです。CDの後のシャドーイングで自分の声をマイク付ヘッドホンで聞き発音を修正するというものです。ただ、この教材は、メインは音の矯正なので、本当に、単語力がない人がやっても、意味が分からないまま真似だけがうまくなります。また文法力もないときついと思います。私の場合は、TOEICや英検1級の単語を勉強していたので、7割がた理解しましたが、やはり、単語が分からない部分は、そこから崩れてしまい、意味がわからなくなってしまいます。シャドーイングによって、音の理解や発音はうまくなっても、意味まではカバーできません。結局は教材での限界を感じたので、2ヶ月ほどでヤフオクですべて売りました。ここまではいいのですが、なんと、今回、後になって分かったのですが、知人も「50倍速英語脳プログラム」を過去に購入していて、3年間ほど毎日30分のシャドーイングで実践していたようで(笑) ただ知人は文法の勉強や、単語の記憶はそこまでやっていないので、今だに成長しなかったようで、TOEICスコアもかなり低いです。また、その知人は、スピードラーニングも一時期やっていたようで、教材を買いすぎです。このパターン案外多いです。そこで、今回、ブログでも取り上げてみようと思いました。「50倍速英語脳プログラム」の本質は、シャドーイングによる、音の理解と音の修正です。結論からいいますと、それだけで英語が話せるようになりますなんて、言ってないんですよ(笑)。それに、この教材でなくても同等のレベルのものであれば、音源をシャドーイングすればよいだけなので、ドラマでもいいですし、この教材でなくてもいいです。

インストラクトに無理がないか?

著者の苫米地氏は、次にくる語を予想するとはいいますが、単語の意味が分からない段階では、予想なんてできたもんじゃありません。つまり、辞書で調べたりの補助がいるのです。したがって、教材のインストラクトどおりやっても稀にうまくいく人もいるかもしれませんが、それは、事前にある程度、完成している人で、文法や単語力が既にある人なら、上達は見込めると思います。ただ、その場合は、この教材でなくてもいいです。

教材は、著作権切れの書籍だった

この教材の音源は、あらたに作られたものではなく、100年以上前に出版された「The Science of Getting Rich」といわれる著作権切れの書籍で、それを教材に利用したといったところです。実は、PDFファイルなら無料で手に入ります。また、音源も、音読ソフトに読ますことができるので、PDFでコピペしたものをソフトで読ませて、mp3におとせば、簡易的な音源は素人でも完成させることができます。とにかく、8万もだして、コピーかよと思った記憶がありました。つまり、この教材はの価値というものは、効果がわからない音源につけられた価値だと思ってもいいでしょう。ただ私は効果は感じませんでした。

バイノーラル音源・特殊音源の効果は不明?

確かに、バイノーラル音源に関しては、ヘッドホンで聞くと臨場感のある音です。これが、英語学習にどう作用しているのかは不明です。また、特殊音源の効果も不明で、このあたりを言葉だけの簡易な説明だけではなく、検証に使用した機材や検証データなどを含めて説明してほしいところです。この教材のプロモーションでは、特に、音源を強調していますので、音源の根拠が説明できていないのなら、本当かどうかは分からないところです。また、それとは異なりますが、ある論文によると、幼児の英語教育に録音された音を聞かせて、語学を習得させようとするのは、無理があるようです。どんなに高性能な機材で録音した音源でも、聞かせているだけでは、英語は習得できないようです。一方で、生の人間での声での語り方では、不思議なことに、すごいスピードで赤ちゃんは音を判断しているようで、脳内に言語に関するネットワークを形成していくようです。つまり録音音源では、もともと無理があるのかもしれません。最近、「英語は逆から学べ!」シリーズやこの教材のバージョンアップシリーズがでてこないのも、実は、現在の時点での解釈では、もう既に間違った手法になるので、販売していないのではないでしょうか。

英語学習に購入に失敗したらオークションに出そう

私が、オークションに出品したころは、すべてセットで出品して、4万円を超えましたので、購入した金額の半額ほどは取りもどすことができましたが、8万円以上出して買うような価値がないです。はっきりいって、今になって思えば、英語学習は、毎日の積み重ねで、いきなり、上達するようなことはないので、毎日数分でもコツコツやればいいだけのことだったと痛感しています。同時期に、この教材をオークションに出品していた方は、たくさんいました。おそらく、購入して、後悔した方がたくさんいたのだと思いました。